スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    テニス・ジュニア女子のテイクバックでバランスが崩れる

    0

      JUGEMテーマ:ジュニアテニス





      ジュニア女子


      ■ジュニア女子に多いバランスの崩れ



      アナタのお子さん、いえ娘さんが
      テニスジュニアをされてるのでしたら、
      こんな悩みはありませんか?


      テイクバックでバランスが崩れる


      アナタの娘さんのテニス歴が何年かは存じません。

      ですが、ある程度経験がおありでしたら、
      そのテイクバックの悪い癖があります。


      これは特にジュニア女子、
      中には男子もいると思いますが。

      悪い癖が残ったままで練習しても、
      例えばいつまでたっても安定した
      フォアハンドが身に付かないものです。


      同時に、先ほど言いましたバランスの崩れ。

      何故、そのように陥るのか、実は。



      脚力がないため



      なんですね。

      脚力が足りてないからこそ、
      テイクバックでバランスが崩れるのです。


      でも、だからと言って闇雲に
      脚の筋肉を鍛えて脚力を高めれば
      良いというわけではありません。

      (女子とあらば筋肉太りとか嫌ですよね汗)


      それに、無理に筋トレや走り込みで
      脚力を付けるのは効率的ではありませんし
      筋肉痛になって練習できなくなっては
      上達が先延ばしになってしまいます。


      脚力を上げると言っても、筋トレではない、
      ジュニア女子に向けた鍛え方はあるのです。

      そして、シンプルなテイクバックを
      妨げるあるポイントがあります。


      そうした悩みの解決だけでなく、
      テニス・ジュニア選手に特化した
      練習の方法も存在します。


      もちろん、アナタの娘さんが
      ジュニア女子選手として活躍できる日が
      近づいていること間違いなしです。





      ジュニア女子の上達法を知る
      (当ブログのメイン記事へ)



      comyuni * ジュニア女子の練習 * 13:50 * - * - * -

      テニス・ジュニア選手の悩みを解決する方法

      0

        ■ジュニア選手ならでわの悩み



        アナタがテニスを教えている立場、
        またはお子さんがテニスをされてるのなら。

        そのお子さんが今、



        ・何に悩んで

        ・どんな壁にぶつかっているのか




        それが、アナタにはわかりますか?

        何に悩んでいるのかわからない場合、
        恥じることはありません。


        というのも、成長期の子供というのは、
        私たち大人では考えつかないことで
        悩みを抱えてることが多いですから。


        それを解決してあげるのが、
        私たち大人と指導者の役目です。


        とはいえ、具体的にどんな悩みか、
        挙げだすとキリがありませんが。

        以下のような悩みが特に多いものです。



        ・子供の人数だけ悩みがある



        ストロークミスやフォルトが多い。

        ・ショットを打つと手が泳いでしまう

        女の子にも上手く出来るかどうか不安。

        ・テニススクールに通うほどお金に余裕がない

        ・練習時間は多く取れても週に1回が限界である。

        ショットに伸びがないせいであっさり打ち返される。

        ・テニスはどんな練習から始めさせるべきか分からない。

        ・どこのスクール・コーチも指導する事が同じ気がする

        ・体に負担が掛かるハードなトレーニングはさせたくない

        ・バックハンドを何度教えてもらっても
         安定的に打てない

        ・体力作りと言われても、
         どんな筋トレが効果的か分からない。

        複数の練習法が多すぎて、
         結局どれが我が子に良いかわからない。

        ・スクール内で、周りと比べ我が子だけ
         上達できず
        遅れている気がする。

        ・正しい構えが分からないばっかりに、
         体の動きがぎこちなくバランスが不安定である。

        ・「ボールを目で追うことが大切である。」
         と指摘されたものの、
         どこまで目で追ったら良いのか子が分かってない。

        ・「上手い選手のプレーを何度も見て、
         潜在意識に落とし込む事が大切。」
         といったイメージが大事だと教えられ、
         それでも上達しない

        ・ダブルスでミスばかりして、
        パートナーの子に迷惑をかけてばかりで、
         足を引っ張り申し訳ない気持ちでいっぱいである。




        など、テニスジュニアに関する悩みは
        本当に数限りなくあります。

        自分(大人)のことだったら何とかなるも、
        悩んでいる本人は子供です。



        ・怒鳴れば良いものではありません



        それに、子によって悩みは様々です。

        一人一人、異なった問題もあれば、
        もしかしたら上記に挙げた全ての悩みを
        持つ子もいるかもしれません。



        それを解決するには、テニス素人では
        とてもではありませんが無理があります。

        だからこそ、子供目線で問題を解決できる
        テニス指導者の手助けが必要です。



        本人が上達できないからと言って

        「もっとしっかり打て!」

        などと怒鳴り着けなくても良いのです。


        他の子より劣ってるからと言って、
        厳しい練習を課する義務もありません。

        このトレーニング法を実践し、
        試合で主導権を握り、
        勝てる強さをアナタのお子さんのものにしましょう!


        そんな、成長期の子供に重点を置き、
        子供たちの悩みを解消させる方法とは。






        テニス・ジュニア選手の
        悩みを解決する方法を知る

        (当ブログのメイン記事へ)


        テニスジュニア





        JUGEMテーマ:ジュニアテニス



        comyuni * ジュニア選手が勝つ教え方 * 14:33 * - * - * -

        テニス・錦織圭選手のフォーム・打ち方は真似できる?

        0

          ■プロ選手の真似をするということ



          2014年9月9日において、
          テニス・錦織圭選手の全米オープン・
          決勝戦が行われましたが、残念でしたね。

          (VSチリッチ選手)


          人によっては、そんな錦織圭選手の
          テニス決勝の地上波放送を録画し、
          フォームや打ち方を真似したかった
          のかもしれませんね。


          ところが地上波放送はされることなく、
          WOWOW(有料放送)で唯一見れたのですが。

          まあ既に試合は終わってしまいましたし。


          アナタは、またはお子さんに、
          その錦選手のフォーム・打ち方を
          学びたいと思われてませんか?

          そう、テニスが上手くなるには
          プロの選手から学ぶことが近道ですしね。









          ●錦織圭選手の打ち方は?



          その彼の打ち方ですが、同じ理論の
          フォアストロークです。

          運動連鎖という体を
          回転させてラケットを振り出してます。


          動かす関節がそんなに多くないために
          安定して強い打球を打つことができ、
          現在の試合には欠かせない打ち方ですね。


          特に錦織選手は、回転に加えて腕を使う割合が高いです。

          実はこの打ち方自体は
          大変シンプルな打ち方です。



          ただ、日本国内ではその打ち方を
          教えてくれるコーチは殆どいません。


          むしろ“もどき”だけを
          教える輩がいるくらいです。


          そんな偽物より、錦織圭選手本人からではありませんが、
          本物のフォームやストロークが打てるよう
          正しい練習メニューを取り入れませんか?



          お子さんを立派なジュニア選手に
          育て上げるためにもオススメします。

          そもそも、錦織選手がどんな練習メニューを
          取り入れて日々特訓されてるか、
          あなたはご存じないでしょう。


          仮に知ることができても、その練習内容を
          お子さんにそのまま実践させるには、
          体に負担がかかってしまいます。

          そのため、お子さんにはジュニア選手に
          特化した練習をされるべきです。






          テニス・ジュニア選手の
          育成・上達法を知る

          (当ブログのメイン記事へ)


          テニス全米





          JUGEMテーマ:錦織 圭



          comyuni * トッププロのテニス選手のフォーム * 17:01 * - * - * -

          テニス・ジュニア選手のフォアハンドが上達するコツ

          0

            ■フォアハンドが上達しない悪い癖



            アナタのお子さんがテニスをされて、
            ジュニア選手として日々練習に励んでいると思います。

            その中で、フォアハンドのフォームは
            しっかりしてて上手く打ててますか?


            もしかしたら、いつまでたっても安定した
            フォアハンドが習得できないでいませんか?



            そうでしたら、お子さんには
            悪い癖が身に付いてしまってるかと思います。

            一度覚えてしまった癖は、
            自分だけでは正すことは難しいです。


            ある程度経験を積んだジュニア選手に、
            たまに見られるテイクバックの悪い癖があります。

            これは、アナタのお子さんに限らずです。


            その、シンプルなテイクバックを妨げる

            “あるポイント”

            があります。



            ●フォアハンドが上達するためのコツ



            悪い癖を直した後は、さらにフォアハンドが
            上達するための練習を実践します。

            その、小・中学生に特に必要な、
            フォアハンドのコツはわかりますか?


            コツがわからないと、
            お子さんに教えようがありません。

            ですが、心配はいりません。


            0からフォアハンドを身に付けるための
            練習方法があるのですから。



            少し簡単に説明しますと、
            チャンスボールを打てるようにするために
            ビンタを打つような感じです。

            ボールをひっぱたくイメージを持った
            練習を意識することが重要です。


            その、ジュニア選手のフォアハンドが
            上達するコツとは。






            フォアハンドが上達するコツを知る
            (当ブログのメイン記事へ)


            テニスのフォアハンド





            JUGEMテーマ:ジュニアテニス



            comyuni * テニスのフォアハンド * 07:00 * - * - * -

            テニス・ジュニア選手が上達するために才能は必要?

            0

              ■才能がないことを言い訳にしない



              アナタは、自身のお子さんがテニスをされ、
              その上達には才能と及びに練習時間が
              欠かせないと思っていませんか?

              それを、必要以上に気にしてませんか?


              ジュニア選手でなくとも、よく

              「私には時間も才能もないから自信がありません」

              という人がいますが、そうでしょうか?


              確かに、お子さんで言えば学校がありますし、
              その後には塾に通ったりしますね。

              週1でないと、テニスと学業の両立は
              難しいと思われがちです。


              大人でも、例えば仕事に追われてる
              ビジネスマンは運動不足の人が多いです。

              その中で、テニスの才能が自分にあるとは
              思えないと言う人がいます。


              ナゼ、そう決めつけるのでしょうか?

              少し冷静になって、世の中の上手な人を
              見渡してみましょう。


              テニスの世界で活躍している
              選手はどのような人達ですか?

              もしかして、こう思ってませんか?



              「その人は才能や練習時間に恵まれているから実績も優れてるのですよ。」



              確かに練習時間は多い方が良いですし
              才能もあるに越したことはありません。

              ですが、試合に勝つ選手全員が
              才能があるとは限りません。



              ■練習時間の確保≠試合に勝つ



              少なくとも上達者の中には恵まれない環境の中で、

              ・時間
              ・お金
              ・才能
              ・仲間


              それらが無い状況から
              這い上がってきた人達も多いのです。


              話を戻しますが、塾通いの子供でも、
              しっかり上達する子はいます。

              大人でも、子育てをする主婦の方しかり、
              IT系のビジネスマンしかり。


              月に数回しか練習を出来ない人でも
              試合に勝つ選手はいます。


              その人たちは決して、練習時間があったり
              才能に恵まれていたわけではありません。


              むしろ、技術が上達する上では、
              決して必須条件なんかではないのです。

              他にも、お金に余裕が無いから大した
              練習メニューは実践できないと悩む方もいます。


              継続的に支払うには抵抗があるかもしれません。

              ですが、今後のテニス人生を劇的に変えるとしたら?


              本来年齢は関係ありませんが、
              肉体的に若い方が望ましいです。

              ましてお子さんともなれば、
              ケガをしない練習である限り、
              上達は見込めると思います。


              若ければ若いほど確認して頂きたい
              練習内容・ノウハウを手に入れるために
              その時1度だけに投資をすることは
              抵抗を感じますか?



              時間や才能に関係なく、
              そして投資する費用が低額であろうと、

              「上達したい」

              という気持ちがあればテニスは上手くなります。


              「テニス人生を変える」と決断する事が、
              上達する1つの条件です。

              そして“あるきっかけ”
              から上達が始まります。


              そのアナタのお子さんにとっての上達のきっかけが

              『今』

              だと確信しています。






              テニス・ジュニア選手の
              育成・上達法を知る

              (当ブログのメイン記事へ)


              テニスジュニア




              comyuni * ジュニア選手が勝つ教え方 * 02:44 * - * - * -
              このページの先頭へ